グローバルビジネスと翻訳会社|翻訳会社の選び方やサービスについて

国際交流

技術翻訳での料金システム

オペレーター

グローバルビジネスを行う企業の中には、専門性のある分野の事業を主体している企業が存在します。そういった企業では、グローバルビジネスで使用する文書も専門性の高いものとなるのです。翻訳会社に依頼してそういった文書を作成してもらう場合、その依頼先は限られてくるでしょう。そういった専門性のある文書の作成を技術翻訳と呼び、それを行う翻訳会社のことを技術翻訳会社と呼びます。企業は数少ない技術翻訳会社の中から、企業のニーズに合った会社を選ぶ必要があるでしょう。
企業が選ぶべき技術翻訳会社というのは、依頼内容となる専門性高い文書の分野について理解している翻訳担当者がおり、実際にそういった文書を作成した実績のある会社です。インターネットを利用することで、そういった会社を容易に見つけることができるでしょう。また、依頼する際には料金システムについても把握しておくべきです。技術翻訳会社における料金システムは会社によって異なりますが、その多くは原文ベースによる料金システムか完全個別見積による料金システムになります。原文ベースの料金システムというのは、日本語から他国語に翻訳する場合には1文字あたりの単価からの算出を行い、その逆に他国語から日本語に翻訳する際には1単語あたりの単価から算出する料金プランとなります。完全個別見積と呼ばれる料金プランでは、作成する文書の種類、難易度、文章量、緊急度によって料金を算出します。